二人展 「forêt la nuit」 戸井安代さん

続きまして
戸井安代さんのご紹介です

戸井さんが影絵の世界に入り込んだのは
ダンサーの友達に舞台の演出を依頼されたことがきっかけだったそう

それ以来、影絵のアニメーションなどの映像作品を中心に
様々な影絵作品を制作され
ダンサーや音楽家等のアーティストに
プロモーションビデオ等の作品を提供されています

戸井さんの影絵には動物をモチーフにしたものが多く
その世界をのぞくと
心奪われるかわいい作品で溢れています

戸井さんの影絵の世界は
幻想的であり、郷愁的であり
具体的であり、抽象的であり
夢想的であり、現実的でもある

それはまるで影絵の持つ光と闇の2面性がそのまま作品に投影されているよう
どちらが欠けても作品は成り立たないのかもしれません

デジタル化が進む現代社会だからこそ
昔ながらの技法を使った影絵作品に心が揺さぶられます

ずっと見ていたくなる、そんな作品たちです

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

二人展 「forêt la nuit」 ナカムラアヤさん

現在、地下ギャラリーにて
二人展を開催中の
ナカムラアヤさんを
ご紹介します

ナカムラアヤさん
(金属のオブジェ・アクセサリー制作)は
注文制作、個展、グループ展、
ワークショップなどで活躍されています

最近は真鍮のオブジェや箱、
音の出るオブジェやカウベルなど、
または銀の装飾品などを作られています

展示は作品とともに
その空間をも表現するかたちに
こだわられているそう

結婚指輪や
オリジナルのアクセサリーやパーツなど
ご相談に応じて
制作されています

銀の指輪制作体験ワークショップも
開催されているので
興味のある方はこの機会にぜひ
ご検討ください!

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

ナカムラアヤ 戸井安代 「forêt la nuit」

ナカムラアヤさん
(金属のオブジェとアクセサリー)

戸井安代さん
(影絵とアニメーション)
による
二人展が
地下ギャラリースペースにて
始まりました

金属のオブジェたちと
影絵・アニメーションが
それぞれの持ち味を生かしつつ
互いに影響しあいつくりだす
光と闇
静と動

空間を
お楽しみください

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

NO CAT, NO LIFE.~やんにしさん

やんにしさんと知り合ったのは
とある重盛さんのワークショップでした

その出で立ちから
この人はきっとその道のプロだな
と思っていたのですが
カメラ歴はまだ浅くなんと2~3年だそう

もともと職業にされてた
画像処理の仕事とカメラには
共通点がとても多く
カメラの腕もめきめきと上げられたようです

カメラの魅力は
どこにでも持ち歩けて
その場で共有できる手軽さ

今一番やりたいことは
できるだけ多くの写真を撮ること!
だそう

もともと
空を撮るのが好きだったという
やんにしさんのインスタでは
美しい青空や夕焼けの画像が
一際目を引きます

最近ハマっているのは
「猫撮り」
だそうで
かわいい猫ちゃんたちが
たくさんアップされてました

みなさまもぜひ
のぞいてみてください!

@yan_nishi1101

最後に聞いてみました
あなたにとってカメラとは?

「自己の代弁者」
だそうです

仏教美術や音楽にも
造詣が深く
話が尽きないとても魅力的な方でした!

出展作品

タイトル:「なにかがきっと。」
作:やんにし

タイトル:「心配事。」
作:やんにし

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

NO CAT, NO LIFE.~柴田エツコさん

次にご紹介するのは
大の猫好き
柴田エツコさんです

猫好きが高じて
猫のパラダイス島まで
猫たちに会いに行かれるそう
(憧れます!)

今回出展して頂いた作品も
猫たちに対する愛情が
感じられる作品です

タイトル:「ともに、いきる」
作:柴田エツコ

ぴったりとくっついて歩くところから
仲良し度合いが伝わってきます

道路の真ん中を堂々と歩いています
パトロール中でしょうか

ぴんと立ったしっぽもかわいいです

タイトル:「いまを、いきる」
作:柴田エツコ

こちらもそっくりの兄弟ですね
おしゃべり中?
それともおにごっご中?

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

NO CAT, NO LIFE. ~亀田雅世さん

「猫×写真」の分野では
その道を
かなり極められている方では
ないでしょうか

亀田雅世さんが
撮られる猫たちの表情は
とても豊かです

動物とは会話ができない分
瞳の奥や
しぐさなどから
感情を読み取ろうとします

猫の一瞬の気持ちを
ファインダー越しに
写し出す

ずっと
猫を見てきた人にだけ
与えられたギフトですね

亀田雅世さんは
「ねこゆひ」というサイトで
地域猫の写真を
投稿されています
そちらもぜひご覧ください!

タイトル:「谷中の人気者ダッシュ」
作:亀田 雅世

タイトル:「ランチの後で」
作」亀田 雅世

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

オタクの指標~2

レベル4
Enthusiast

通称「エンスー」
熱いファンという感じ
複数の行きつけの専門店を持ち
複数の専門誌を愛読
更に、車、飛行機、鉄道、動植物
風景、水着ギャル等
撮影対象そのものの専門雑誌を購読し始める
コンテストなどへの投稿も常連
あなたにとってカメラとは?
「カメラ?最近面白い話題がないな」

レベル5
Mania

いよいよマニアの登場です
専門店に入り浸っているが
店側のいうことを信用しない
専門誌に書いてあることも信用しない

初心者にはやたらと教えたがるが
相手の言うことには原則耳を貸さない
評判のいい新製品がでると
必ず一言文句をつけないと気が済まない
カメラ業界の現状に強い不満を持っており
誰彼となく不平不満をぶつけている
あなたにとってカメラとは?
「カメラ?このままじゃダメになるよ」

レベル6
Crazy

クレイジー
このレベルまでくると
内なる不満を外的に昇華させ
世界を変えるためのエネルギーにしようという
ポジティブな行動力が伴ってくる
いつもカメラ業界のために
自分が役立つことを考えている
全身全霊をカメラのため捧げている
社会的に成功を収めるケースもある
あなたにとってカメラとは?
「カメラ?それは私の人生です」

さてさて、あなたはどのレベル?

※本ブログの内容は独断と偏見に基づきます

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

オタクの指標~1

どの趣味にも
オタクが存在する

今回は
そのオタクの度合いについて
カメラの趣味を参考に
体系化してみることにした

レベル1
Fun

日本語で言っても「ファン」
子供やペットなどの
成長の記録として
カメラを始めた人たちが中心

カメラを購入したときに
ついてくる付属のレンズキットで満足している
あなたにとってカメラとは?と聞かれると
「カメラ?あぁ、暇つぶしに撮るよ」

レベル2
Hobbyist

日本語で言うと「愛好家」
キットレンズだけでは満足できず
単焦点レンズなどに手を出し始める
また
カメラ専門誌を読み始める
あなたにとってカメラとは?
「カメラ?よく撮るよ」

レベル3
Photographer

自称フォトグラファー
専門誌を定期購読している
専門店の常連客
新製品の情報があると予約をして購入する
人によってはこのレベルから
レンズ沼にハマるなど
コレクターの道へ分かれていく人もいる
メーカー主催のセミナーやオフ会に
参加し始める
あなたにとってカメラとは?
「カメラ?それは私の趣味です」

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

NO CAT, NO LIFE.~森田昌幸さん

続いてご紹介するのは
森田昌幸さん

小さい頃から
精密機械が大好きで
カメラにのめり込んだのも
ハード面からだったとか

そして徐々に
写真を撮る面白さの
虜になっていきます

普段は鉄道や車
風景写真などを
撮られるそう

旅行も大好きで
旅先にもカメラは欠かせません

ご自身の写真を
ギャラリーで発表されるのは
今回が初めてとのこと!

現在は港町にお住まいで
磯の香りが漂う作品を
出品頂きました

作: 森田 昌幸
タイトル: 「朝礼」
販売価格はお問合せください

作: 森田 昌幸
タイトル:「巡回~漁港の朝~」

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

NO CAT, NO LIFE.~矢田健さん

NO CAT, NO LIFE.写真展に出展中の
矢田健さんにインタビューしました

矢田さんの本業は
グラフィックデザイナー

カメラは
3~4年前に始めたそうですが
もともとデザインのお仕事を
されていただけあって
その腕前はすでにプロ

最近は
ライブなどの
躍動感あふれる写真を
撮られているとか

風景写真も
心を打つものをたくさん
見せてくださいました

さて
今回矢田さんが出展している
作品は
こちらの2点

イカ耳の黒猫さん
黒猫は警戒心が強いイメージがありますが
とても人懐っこくて
地元の人気者だそう

だからこんなにアップで撮らせてくれるのですね
モノトーンに鋭い目のイエローが
光ります

作:   矢田健
タイトル: 「自分なりの野生」
販売価格: 10,000円(額装を除く)

そしてもう1点は
先日ご案内したゆうやけだんだんの
ボス猫 まるちゃん
威風堂々という言葉が似あいます

作:  矢田健
タイトル: 「ワタシの町」
販売価格: 10,000円(額装を除く)

矢田さんは
Gallery Knulpさんの
公募展 谷根千動物園「パンダと仲間たち」展にも
参加されています

どうぞ併せて足をお運びください!
会期:7月15日(土)~7月23日(日)

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。