月別アーカイブ: 11月 2016

月は水銀

月は水銀、後夜の喪主* 服飾作家 古澤 亜澄さんの故郷岩手の景色 この景色を賢治も見たのだろうか *宮沢 賢治 「春と修羅 第一集」より

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

野山の贈りもの

服飾作家 古澤 亜澄さんの故郷には山の恵み豊かな風景が広がります 古澤さんの作品にでてくる刺繍のモチーフもご自宅の野山にある植物が主役です 桑の実 ドクダミ ぷっくりとはちきれそうな栗に モミ自然の恵みを感じるマフラーたちです

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

ハンドメイドのろうそく

ろうそく作家菊池 遥さんの代表作六弁花の連続するモチーフ このかわいさが詰まったろうそくの制作過程には途方もないてまひまがかかっています 下書きをしたあと彫刻刀で花びら一枚一枚を丁寧に彫っていきます そこに花びら用のろうを少しずつ垂らしていくのです 花びら1枚のろうを垂らしては乾くのを待ちまた1枚ろうを落とすそうやって1枚ずつ作業を重ねていきます ろうの温度が低いと柄が本体のろうと溶け合わないので取れやすくなってしまいます だから1枚1枚を丁寧に・・・なんとも骨の折れる作業です モチーフの立体感をぜひ手に取ってご覧ください

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

ほんもの落ち葉?

上野公園で見つけたというきれい色の落ち葉たち 服飾作家古澤 亜澄さんの手にかかると ほんものと間違えるくらい彩り豊かな刺繍として生まれ変わりました よく見ると細かい色の変化や虫食いまで丁寧に再現されています かわいいブローチで小さな秋を日々の装いに取り入れてみませんか 落ち葉刺繍ブローチ864円

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

銀河鉄道の夜

星祭りの夜、地上では子供たちが「烏瓜の燈火」(からすうりのあかり)をそれぞれ手に持ち、祭りを楽しんでいます。 しかし銀河鉄道の中では、乗車しているほどんどの人達が、ジョバンニとカンパネルラを残しサザンクロス駅で降りてしまいました。なぜなら彼等は皆、既に亡者であり、サザンクロス駅は天の国の入り口だからです。此岸の象徴としての「烏瓜の燈火」、彼岸の象徴としてのサザンクロス(南十字星)を彫りこみました。ろうそく作家 菊池 遥

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

もっともやさしき女性に

りんごの花のつぼみをあしらった刺繍をそっとシャツの裾に添えて りんごはバラ科の植物で春には同じバラ科の桜に似た可憐な花を咲かせます となりには服飾作家 古澤 亜澄さんのご実家で育った蜜たっぷりの真っ赤なりんごを並べました りんごの花言葉「もっともやさしき女性に」「永久の幸せ」 仮眠硅酸の溶け残ったもやの中に冷たい窓の硝子からあけがた近くのりんごの匂が透明な紐になって流れてくる 「青森挽歌 三」 作 宮沢 賢治

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

星めぐりの歌

「星めぐりの歌」 作 宮沢 賢治 あかいめだまの さそりひろげた鷲の つばさあをいめだまの 小いぬ、ひかりのへびの とぐろ。 オリオンは高く うたひつゆとしもを おとす、アンドロメダの くもはさかなのくちの かたち。 大ぐまのあしを きたに五つのばした ところ。小熊のひたいの うへはそらのめぐりの めあて。 一等星アンタレスが赤く光るさそり座から、歌に出てくる星座を順番にめぐらせました灯せば星をつなぐ線が浮かびあがり、実際の火が北極星(そらのめぐりのめあて)になります ろうそく作家 菊池 遥

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

いてふの刺繍マフラー

「いちょうの実」 作 宮沢 賢治 ・・・ 東の空が白く燃えユラリユラリと揺れはじめました おっかさんの木(いちょう)はまるで死んだようになってじっと立っています 突然光の束が黄金の矢のように一度に飛んで来ました 子供ら(いちょうの実)はまるで飛び上がる位輝きました 北から氷のように冷たい透き通った風がゴーッと吹いて来ました 「さよなら、おっかさん。」「さよなら、おっかさん。」 子供らはみんな一度に雨のように枝から飛び降りました 北風が笑って「今年もこれでまずさよならさよならって云うわけだ。」と云いながら冷たいガラスのマントをひらめかして向こうへ行ってしまいました お日様は燃える宝石のように東の空にかかり あらんかぎりの輝きを悲しむ母親の木と旅に出た子供らとに投げておやりなさいました ハンドメイド・マフラーいちょうの刺繍 作家 古澤 亜澄

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

キャンドル ~ 四弁花

ろうそく作家菊池 遥が奏でる四弁花のキャンドル お庭に降り注ぐ朝日を受けて やさしい色と優しい炎と

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。

ひとは透明な軌道をすすむ

モアノ1Fギャラリーにて菊池 遥さん、古澤 亜澄さんによるかわいい展示が始まりました 童話作家「宮沢賢治」の生誕120周年に寄せた賢治と故郷を同じくする岩手県出身のろうそく作家と服飾作家による展示販売会です 時には賢治の物語やその瑞々しい言葉たちをモチーフにしながら 手作りの作品で東京の冬を彩ります 繊細であたたかい北国のモノづくりどうぞ足を運んでください

カテゴリー: ギャラリー | コメントは受け付けていません。