星とたんぽぽ

青いお空の底ふかく、
海の小石のそのように、
夜がくるまで沈んでる、
昼のお星は眼にみえぬ。
見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。

散ってすがれたたんぽぽの、
瓦のすきにだァまって、
春のくるまでかくれてる、
強いその根は眼にみえぬ。
見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。

詩 金子 みすず

絵 内野 隆文

カテゴリー: ギャラリー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。