ひかりの先に立つ旗を~プロローグ I

ひかりの先に立つ旗を

「ひとは幸せになるための方法を探していて、
つくるひとはその方法を知らせることができる」

真っ暗な深い道を、
小さな灯を持ってあなたは歩いている。

くらやみに方角を探しながら、
今より少し手を伸ばして灯を遠くに向けた時、
その光が届くか届かないかの先に、
ひとつの旗が立っている。

しんとした夜に立つ旗が、
その道を誰かが通ったことを知らせている。

その光の先に立つ旗を、
あなたが道しるべにして、
その先へ進むなら、

それは、
夜明け前の世界へと続いているかもしれない。

カテゴリー: ギャラリー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。