ひっくり返った砂の粒をもう一度拾い集める

記憶の中の
「思い出」

もう一度呼び起こすとき

それは
ニューロンによって
情報処理された
事実とは異なる
映像
かもしれない

岸 紗英子さんの
作品群

「ひっくり返った砂の粒をもう一度拾い集める」

「砂時計の落ちた砂」

「通り過ぎた時間」
に見立てて

そこから
順番通りに思い出せない記憶
かき乱されてしまった過去
をつないで
生きてきた時間の全体像を
立て直す

このような行為を
具現化した作品群です

一人一人の思い出が
箱の中に
埋め込まれて

形が変わっていく様が
かわいらしくも
儚くも
愛おしくも
感じられる
作品です

カテゴリー: ギャラリー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。